2010年11月16日

フィッティングルームでの接客(1)

フィッティングルーム、試着室とも言いますがグッド(上向き矢印)
ここでの接客は非常に重要です。

試着する=その洋服に興味があるひらめきことになりますから、
お客様はほぼ購入しようと考えている訳です。
しかし、そのまま知らんふりをしている訳には行きませんよね。

ここで販売員からちょっとした声掛けがあると、さらに確実に購入へ結びつきます。
また、試着すると言う事は、当然販売員が声を掛けてくるとお客様も思っています。
販売員との接客からさらに興味のある服の情報を知りたいとも思っている訳です。
『本当に購入しても良い服なのかなぁ〜?』こんな事を考えているお客様もいます。

そこで販売員からナイスぴかぴか(新しい)な情報を聞けば、
必ず購入してくれますしグッド(上向き矢印)その販売員の接客を気に入ってもらう事に繋がり、
さらに他の商品購入⇒次回の来店⇒来店頻度が高まり、
ファンとして定着も可能になる訳です。

このようになればお店にとっても嬉しい限りですが、
お客様にとっても、信頼できるお店を持つ満足感を感じていただけると思います。


…フィッティングでの接客は本当に重要ですexclamation×2


アパレルショップで
『宜しかったら、洋服着てみてくださいグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)』なんて、よく耳にすると思いますが、
フィッティングによって、購入を促進させるだけでなく、
お客様に販売員そしてお店を気に入ってもらうために
一生懸命声掛けしているんですね。


さて、新人のスタッフも声だし、品だし(商品のたたみ方)を
ある程度マスターしたところで
フィッティングルームでの接客を教えていきます。

採用後1カ月以内に始めたと思います。(すぐですね…。)


フィッティングルームでの接客は簡単に身に付くものではありませんが、
とにかく経験をしていかないと、上達できませんので、
声だし、品だしの次に教えることにしました。

posted by 元店長 at 20:15| アパレル販売員の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。