2010年03月09日

初めての面接…。(1)

駅ビル店舗の反対側にある我が店舗ー(長音記号2)

平日の来店数はー(長音記号1)かなり厳しい店舗でバッド(下向き矢印)
ゆる〜い感じで時間が過ぎていきます…もうやだ〜(悲しい顔)


転勤時、ちょうどスタッフ数に欠員がいる状態でした。
そこにワタシが加わって、スタッフの皆さんは、
休日日数も確保できる状況になったのですがダッシュ(走り出すさま)
転勤時には既に退職を申し出ていたスタッフがいたのです。

ワタシが入社する前から、そんな話があったようですが、
社員が店舗に来るなら、イイタイミングだしー(長音記号1)って感じで
ベテランスタッフが転勤1カ月後退職する事になったのです。

退職の理由はもちろん、
社員が店舗に勤務することになった事だけではありません。
アパレルショップでアルバイトで働く人は、
皆10代〜20代前半、
自分の夢や将来目指すものがある若者も多いのが現状です。


色々夢があって、素晴らしいのですが、
突然辞めることももうやだ〜(悲しい顔)
また、基本的にはあまり長く勤務する人は少ないですね。


位置情報と言う訳で…新しいスタッフを採用する事になったのです。

転勤2カ月目の事…
まさかこんな早く面接官になるとは
思っていませんでしたがく〜(落胆した顔)

募集は店内外に求人募集ポスターを掲示しただけですが、
そこは駅前店舗すぐに求人募集への問い合わせがありました。


特にアルバイト採用なので、書類審査なんてことはしません。
いきなりの面接です。


初めての面接と言うことで、駅ビル店長にも参加いただき
面接を行うことになりました。

駅ビル店長からは『まぁ〜聞きたいこと聞けばわーい(嬉しい顔)』と
アドバイス?

本当に大丈夫かなぁー(長音記号1)
次回、またお話します。
posted by 元店長 at 19:11| アパレル販売員の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。