2009年12月18日

洋服屋さんへの就職活動(3)

前回の続きバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
履歴書等の応募書類を送付mail toすると
そのまま不採用なんて連絡もあれば、
『面接選考のご案内』なんて連絡が来まするんるん


学生の就職活動を経験された方ならお分かりだと思いますが、
業界によって、採用試験の内容が異なる事はあまりありません。

最初の面接では集団面接。
次にグループディスカッションや複数人による面接、
最後に個人面接。


途中でSPIなどの筆記試験がある場合もありますが、
大企業の採用試験はこのような感じで進みますモータースポーツ

販売職や営業職を多く採用するアパレル企業では、
最終面接も複数の学生で面接を行う複数人による面接でした。


ワタシの頃は書類選考でダイブ人数が絞られる感じがしました。
(面接に呼んでおいて、多くの学生を落とすのは、
会社にとっても罪悪感を持つのでは?)


別に就活のプロでありませんのでバッド(下向き矢印)
カッコイイことは言えませんが、
面接ではよくしゃべる様にしました。

それと不採用にならなかった面接では、
最初は緊張していますが、途中から話に夢中で
緊張感が無くなった面接では良い結果が出ていた様な気がしまするんるん

面接は面接官との相性があると思います。
相性が合えば、どんな事を面接でしゃべっても、
採用されるだろうし…それで採用不採用が決まるのも
納得できないですけどねバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

まぁグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)就活は、どんどん企業に応募して
何とかアパレル企業から内定をいただく事ができました。


posted by 元店長 at 15:52| アパレル業界へ就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。