2009年12月15日

洋服屋さんへの就職

このブログは、私が経験してきた洋服屋さんでの仕事、出来事を
ご紹介していきます晴れ

私が洋服屋さんで働こうexclamationと決意したのは、
大学生の頃です…と言うかバッド(下向き矢印)就活ですあせあせ(飛び散る汗)

学生の頃からずっと洋服が好きで、
渋谷など日々洋服屋さんをウロウロしていました〜バスケットボール

セールの時は毎回並んだりして洋服の為にバイトしていた感じです。
(バイトは洋服屋さんでは無いのですが…)


お店が好きだしグッド(上向き矢印)洋服も好きだしグッド(上向き矢印)
自分に素直に就職活動した結果、洋服屋さんに就職したのです。


就職活動時はあまり知らなかったのですが、
洋服屋さんで働くのって、結構簡単に働けますよね。
アルバイトで募集していたり、アルバイトはNGなら、
契約社員、派遣社員でもアパレルで働けるので
洋服が好きな方なら働き方を社員とかに限定しなければ
アパレル関連の仕事で働けます。


また、多くの人が最初はアルバイト、契約社員として働き
その後、正社員になるパターンが多い様ですねぴかぴか(新しい)


私の場合はバイヤーなどの仕事にも興味があり、
新卒採用として、せっかく正社員で採用されるチャンスがあったので
様々なアパレル関連の会社に会社訪問しました。
(でも洋服屋さん、お店で働く事が第1希望でしたねるんるん


学生のアパレル企業への就職活動と言いますと、
アパレルでも大企業が存在し、大企業では新卒採用を行っています。
アパレルと言っても、洋服を売るのがメインの会社や
洋服を卸す会社や洋服の制作する会社、生地を販売する会社など
様々な仕事をする会社がありますので、
『アパレル』と言っても幅広い業種になりますね。


ただしバッド(下向き矢印)残念ながら洋服の制作、自社ブランドを制作し
販売する様な会社では、ファッション関係の専門学校の方が
採用対象者になる様ですね。

やはり専門知識、技術を持った人が優先されます。


まだ2回目のブログで上手く表現できていないような…
分かりづらくてゴメンナサイ

posted by 元店長 at 23:09| アパレル業界へ就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。